遊んで知って 食べて楽しい
梨のミュージアム
TEL 0858-23-1174 開館 9:00〜17:00 休館 第1・3・5月曜日 (祝日の場合は翌日) 12/29〜1/3
なしっこ館
梨販売ストア

栽培技術の確立(1926~1949年)

生産者、学者、行政の共同で黒斑病の防除に自信を得た1930年は、鳥取の梨産業の再出発点となりました。二十世紀梨は、養蚕に変わる儲かる作物として栽培農家が増加しました。鳥取県は1934年には出荷量、品質評価とも日本一の産地となりました。太平洋戦争の直前には栽培者2,500戸となり、10年間で10倍に増加しました。やがて、栽培技術が開発され、果実組合組織が発達し、試験場が作られ、若い後継者の育成が行われました。